ブライダルヘアメイク

はじめまして。
私は大阪・堺市でヘアメイクアップアーティストとして活動をしている「AimaBleエマブール」の小川敬子おがわゆきこです。

 

結婚式のブライダルヘアメイクには事前のリハーサルがあります。

ごくまれにですが、過去にお見合い写真のヘアメイクを担当させていただいてご成婚の決まられたらお客様から、

 

お客様
結婚式用のヘアメイクのリハーサルをしてもらったのですが、ずっとモヤモヤしています。
この引っかかるような感じはなんなのでしょうか…。
結婚式まであと少しなのにどこか不安です。

というご相談をいただくことがあります。

 

これから春にかけて結婚式の増える季節に入ります。
ブライダルヘアメイクやリハーサルへの不安をなくしていただけるよう今回は、髪型やメイクを決めるうえで大切なことについてご紹介していきたいと思います。

 

 

エマブール

このブログ信頼性について

このブログを書いている私は、ヘアメイクアップアーティストです。
専門学校を卒業後9年間結婚式場でブライダルヘアメイクの経験を積みました。
ブライダルヘアメイクにおいては、セントラファエロ・アンジェルミエールにて5年連続顧客満足度第1を獲得しています。

現在はフリーランスとしてCMなどのメディア撮影から結婚式のヘアメイクなど、さまざま現場でヘアメイクアップアーティストとして活動をつづけています。

それではさっそくご紹介します。

 

 

結婚式ヘアメイクリハーサル後不安感感じる理由について 

結婚式 ブーケ

 

結婚式ではたいていの場合「ヘアメイクリハーサル」を受けることができます。
結婚式当日に担当となるヘアメイクアップアーティストさんとこのときにはじめて対面し、当日の挙式や披露宴などで作る髪型やメイクをご新婦様とご相談しながら決めていきます。

 

ほとんどの場合スムーズにヘアメイクを決めて喜んでいただけますが、ごくまれに当日への不安感を感じてしまわれたりしっくりとこない気持ちを抱えたままリハーサルを終える方もおられるようです。

インターネット上で結婚式に関する悩み相談を検索してみると、おなじような思いをもたれているご新婦様の投稿が多く出てきます。

 

ではなぜ本来であれば楽しいはずのリハーサルでこのような不安感を感じることが出てきてしまうのでしょうか。

 

それは、信頼関係をきずくことができなかったということが挙げられます。

ヘアメイクのリハーサルにかけることができる時間は、たいてい3時間です。

そしてさきほども挙げましたが、ヘアメイクアップアーティストとご新婦様はこのヘアメイクリハーサルではじめて対面します。
そのためはじめてお会いするご新婦様と3時間の中で信頼関係を築かなければなりません。

ヘアメイクリハーサルでしっかりとした信頼関係を築くことができないと、ご新婦様に不安感をあたえてしまうことになってしまいます。

 

ここでまずお伝えしたいことは、「初めての人と会うときは緊張感をともなう」ということです。

仕事をしていてもおなじことはいえますが、たとえばあなたが営業の仕事をしているとしてはじめて会う方の会社へごあいさつしにいくことになったとします。
はじめておとずれた会社の応接室のとびらを開ける直前、とても緊張感を感じるのではないでしょうか。

 

ヘアメイクリハーサルにもおなじことがあてはまります。
はじめて会うヘアメイクアップアーティストさんに結婚式当日の髪型やメイクをすべてゆだねる。
想像しただけでとても緊張しますし大丈夫だろうかと不安も感じるはずです。

またわたしたちヘアメイクアップアーティストは、美容師さんとはちがいふだんの生活のなかであまり出会うことのない職種になります。

そのうえご新婦様はモデルさんたちとはちがって一般の方がほとんどであるため、人にメイクをしてもらった経験があまりない方ばかりです。
そのためはじめて予約した美容室へ行くことよりも、ずっと緊張感が強くなると思います。

 

強い緊張感は大きなストレスになります。
私がお客様とご対面するうえでもっとも大切にしていることは、この「緊張感=大きなストレス」を解きほぐすことだと考えています。

 

ヘアメイクリハーサル不安感じさせないために大切にしていること

ブライダルヘアメイク

AimaBle Wedding

 

ご新婦様が緊張や不安を感じていることを分からずにいると良い信頼関係を築くことができません。
なぜならば、ていねいにコミュニケーションをとることをしなくなってしまうからです。

ご希望の髪型やメイクをたんたんと作るだけになってしまったり、ヘアメイク側が一方的に話すばかりになってしまったり。
これでは、ご新婦様の好きなふんいきや伝えたいと思っていることを話せない状況を作ってしまいます。

 

コミュニケーションとは、ただ話すだけではなく話をしながら相手の思いや考えを引き出すための手段の1つです。
お話をしながら好きなふんいきを探しだし、ほかの髪型やメイクのテクニックがあることを伝える。

このようにして会話を広げていくことでヘアメイクのイメージが固まっていくだけでなく、ご新婦様と意思を伝えあうことができるようになりそれが結果として信頼関係へとつながっていきます。

そのため私はご新婦様やお客様とこまやかなコミュニケーションをとり、考えや思いを伝えやすいように工夫しています。

 

ヘアメイクリハーサル失敗しないために大切ことについて

出張ヘアメイク エマブール

AimaBle Wedding

 

ご新婦様がヘアメイクリハーサルを受けられるにあたって髪型やメイクを失敗しないためのポイントとしては、

 

■ヘアメイクリハーサルモヤモヤしないためのポイント

・結婚式当日にしたい髪型のイメージ写真を準備する。
・好きな髪型を伝えるだけでなくきらいな髪型やメイクも伝える。

ことです。

 

うまく髪型やメイクのイメージを伝えるためには、

・したい髪型のイメージ写真をヘアメイクアップアーティストさんに見せる。
・ドレスやブーケ、髪飾りの写真を見せる。

ということです。

 

たとえうまく言葉で伝えにくかったとしてもイメージとなる写真があるとヘアメイク側もイメージをつかみやすく、ドレスやブーケなどに合うほかの髪型やメイクを提案してもらうこともできるようになります。

 

そして、きらいなスタイルを伝えることも大切です。

たとえば後れ毛を出すと流行りのふんいきが出せたりかわいらしさも出しやすくなりますが、大きくふんわりと巻いたカールが好きなのかきらいなのかウェットにして欲しいのか欲しくないのかなど、人によってこまかい好みはたくさんあるはずです。

「おくれ毛を作って欲しいです。」
とだけ伝えてしまうと、ヘアアイロンで普通に巻かれてしまいかねませんしふんわりとしたカールが好きなのにウェットにしっかりとまとめられてしまう可能性も出てきます。

 

 

あなた
このカールは好きだけど、このカールはあんまり好きじゃないです。

と写真を見せて伝えることでより理想の髪型やメイクに近づけることができ、仕上がりが気に入らないということも出てこなくなります。

 

仕上がった髪型やメイクを「気に入らない」と伝えることはとても抵抗感を感じますが、前もってきらいなスタイルを伝えることはできると思います。

 

まとめ

私はありがたいことに結婚式場でブライダルヘアメイクを担当していたころは、5年連続顧客満足度1位をいただけるほどお客様に良く評価をしていただけましたが、それはコミュニケーションをていねいにとることを大切にしてきたからだということを今も実感しています。

そしてもちろん技術も必要です。

 

結婚式当日にご新郎ご新婦様に必要なのは、笑顔と安心感。
これからも、ご新婦様やお客様がお話しやすいふんいき作りを大切にしながらヘアメイクにたずさわっていきたいです。

コミュニケーションをとることが苦手な方は、ぜひ写真を持っていくようにして結婚式当日にしたい髪型やメイクのイメージを伝えてみてください。
きっとうまく伝えることができますよ。



”美容サロンあなた玄関先!”

一生に一度の大切な1日。

初めてのことばかりで戸惑いや不安を感じながら結婚式当日を迎える花嫁様がとても多くいらっしゃいます。

 

エマブールはそのような花嫁様ひとりひとりに寄り添い、

「安心感・丁寧さ・楽しい時間」をテーマに、

ただ一人の花嫁様のために笑顔と最高の1日をご提供しております。

関連記事

AimaBle Wedding 永遠の輝きを纏う あなただけのブライダルヘアメイク  この度はご結婚、誠におめでとうございます。 数多くあるブライダルヘアメイクの中からエマブールを選んで頂き誠にあり[…]

 

ブライダルヘアメイクのご質問やご相談につきましても、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

エマブール インスタグラム

ブライダルヘアメイク
最新情報をチェックしよう!

出張ヘアメイク「AimaBle」

大阪・神戸・京都・奈良・和歌山などの関西圏を中心に全国へ出張いたします。 ヘアメイクのご依頼、メイクレッスンへのお問い合わせなどはお気軽にご連絡ください。

CTR IMG