アイライナーやアイブロウ化粧品も買う前にテスターを使った方が良い理由について

はじめまして。
私は大阪・堺市でヘアメイクアップアーティストとして活動をしている「AimaBleエマブール」の小川敬子おがわゆきこです。

 

立春が過ぎアパレルや食器などを取りあつかっている雑貨屋さんでは、春らしいデザインの商品を見かけることがでてきはじめました。
化粧品も春を意識した色づかいのアイシャドウや口紅などを見かけるようにもなってきました。

 

あなたは化粧品を買うときにテスターを使ってその化粧品のことを調べていますか?

コロナ禍に入ってからはテスターを使うことにたいして少しとまどってしまいますが、私としてはできるだけテスターで色の発色などを確認することをオススメします。

今日はその理由についてご説明していきたいと思います。

*この内容は3分ほどで読むことができます。

 

 

エマブール

このブログ信頼性について

このブログを書いている私は、ヘアメイクアップアーティストです。
専門学校を卒業後9年間結婚式場でブライダルヘアメイクの経験を積みました。
ブライダルヘアメイクにおいては、セントラファエロ・アンジェルミエールにて5年連続顧客満足度第1位を獲得しています。

現在はフリーランスとしてCMなどのメディア撮影から結婚式のヘアメイクなど、さまざま現場でヘアメイクアップアーティストとして活動を続けています。

それではさっそくご紹介します。

 

 

目次

アイライナーアイブロウ用品買う前テスター使った方良い理由について

出張ヘアメイク

 

アイシャドウや口紅などの化粧品を買うときは、なにか雑誌で気になる商品を見つけたり化粧品売り場を歩いているときにふと目に留まったからなどさまざまな理由があります。
私もあなたとおなじ理由で買うことが多いです。

 

百貨店などの化粧品売り場へ行くと、ビューティーカウンセラーさんがいるので気になる化粧品の説明を聞きながら、使い方を教えてもらったりじっさいに色をつけて見せてもらうことができたりします。
またアイシャドウや口紅の場合は、プチプラコスメもならんでいるテスターを手にとってじっさいの発色を見ることが多いと思います。

ところで、アイライナーやアイブロウ用のお化粧品を買うときにあなたはテスターを使っていますか?

 

アイライナーアイブロウ用化粧品あまりテスター使わず買ってしまう理由について

アイライナーやアイブロウといった化粧品は、パッと選んだものをそのまま買ってしまいがちになります。
なぜならば、色が黒・茶色とほぼ決まっているためです。
*カラーライナーはのぞく。

そのため今まで使っていたメーカーとはちがうメーカーのアイライナーなどに買い換えるときも、色の確認だけをしてそのまま買ってしまいがちになります。
とくに筆の太さにあまり差のないリキッドアイライナーによく起こりがちです。

 

テスター使わず購入する起こりうる失敗について

テスターを使わずに化粧品を買った場合に起こりがちなことは、

・思っていた発色とちがった
・使いにくい

という点です。

 

これは、私が仕事で使っている茶色のリキッドアイライナーを試し描きしたものです。

化粧品 テスター

 

どちらも茶色のリキッドアイライナーを使って描いていますが、メーカーはちがいます。

 

おなじように描いたのに色の濃さと太さがちがうことにお気づきでしょうか。

見出しに「茶色」と書かれていても、メーカーによって濃さや筆の太さがちがいます。
かりに筆の太さがおなじであっても、ブラシの毛質の硬さによって描いたときの太さが変わってきます。 

またペンシルアイライナーやジェルアイライナーについては、芯に使われている油分の配合量のちがいによって色の濃さや描いたときの太さにちがいがでてきます。

 

あと今回試してみて分かったこととして、おなじウォータープルーフの表記がされていてもメーカーによってクレンジング後の落ち方に差があるということです。

上はクレンジングをするとスッとキレイに落とすことができましたが、下はうすく残っていました。
これによって下の線を描くときに使ったアイライナーは、皮脂くずれにも強いオイルプルーフの成分も配合されていることがわかりました。

試し描きによって季節や撮影内容に合わせてアイライナーを使い分けることができるようになったので、テスターがあるのであれば使った方が良いということをあらためて実感します。

 

今回は分かりやすいようにリキッドアイライナーを使って試し描きをおこないましたが、これはアイブロウペンシルにもおなじことがいえます。
アイブロウペンシルも、リキッドタイプのものが販売されていたり芯の形や太さがメーカーによってもちがうからです。

芯がとてもほそいアイブロウペンシルであったとしても、芯にふくまれている油分が多いと眉尻がすこし太くなりやすいです。

またおなじメーカーから販売されているアイブロウペンシルも、色の展開がとても多くなっています。
そのため自分の髪やひとみの色に合わせて色を選ぶのかもしくは、自分の見た目の印象をどのように見せたいのかで選んぶのかで大きく変わります。

 

あなたの好みに合わせて幅広く色や芯の太さを選ぶことができるだけにテスターを使ってしっかりとほしいものを見きわめていくことは、メイクの仕上がりをより良くするうえでもとても大切です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

テスターを使うことにすこし抵抗を感じやすいときではありますが、あなたが描きたい眉やアイラインを思いどおりに描くためには、テスターを使ってしっかりと選ぶ化粧品を見きわめていくことが大切です。

またこれはアイライナーやアイブロウだけではなく、ファンデーションやコンシーラーといったおなじ色でありながら色の展開が多い化粧品についてもあてはまります。

またテスターをお店側が置いてくださっているのは、納得のいく化粧品を選んでほしいという思いがあるからです。

 

私も化粧品は、仕事で使うものも自分のものもテスターがあればそれを使って納得のいくものを買うようにしています。
それは、メイクの仕上がりをイメージどおりに作りたいからです。

 

あなたが今後化粧品を買うときにこの内容がお役に立てているとうれしいです。
ご質問などがございましたらお気軽にご相談ください。



”美容サロンあなた玄関先!”

ヘアメイクを通じて
たくさんの人たちに心のこもった技術を届ける
という想いを込めて仕事をしています。

ご自宅の扉を開けるだけで
美しさと最高の笑顔を体感いただけます。

 

エマブール インスタグラム

出張ヘアメイク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけるととても励みになります
  • URLをコピーしました!

このブログを書いた人

ヘアメイクアップアーティスト

【略歴】
ブライダルヘアメイクで5年連続顧客満足度1位を獲得⇒エアブラシメイクの技術を取得⇒フリーランスに

「美容のプロフェッショナルがあなたの元へ」をコンセプトに、
ハイクオリティな仕上がりと細やかなおもてなしで特別な日を演出します。

【趣味】
映画鑑賞・読書
大阪・堺市在住
A型

目次