眉をキレイに描くためのポイント3選 ~美眉を描けるようになりましょう~

はじめまして。
私は大阪・堺市でヘアメイクアップアーティストとして活動をしている「AimaBleエマブール」の小川敬子おがわゆきこです。

 

先日眉メイクのオンラインレッスンを開催させていただいきましたが、眉のメイクってとてもむずかしいですよね。
私はヘアメイクアップアーティストとして活動をしていますが、納得のいく眉が描けるようになるまでかなり時間をついやしました(苦笑)

ですが、眉のメイクもポイントをつかむとキレイに描けるようになります。
今日はそのポイントについてご紹介したいと思います。

 

 

エマブール

このブログ信頼性について

このブログを書いている私は、ヘアメイクアップアーティストです。
専門学校を卒業後、9年間結婚式場でブライダルヘアメイクの経験を積みました。
ブライダルヘアメイクにおいては、セントラファエロ・アンジェルミエールにて5連続顧客満足度第1を獲得しています。

現在はフリーランスとしてCMなどのメディア撮影から結婚式のヘアメイクなど、さまざま現場でヘアメイクアップアーティストとして活動を続けています。

それではさっそくご紹介します。

 

 

目次

キレイ描くための3つのポイントについて

眉メイク

 

眉のメイクがなぜとてもむずかしく感じられるのかというと、骨格にまたがって眉毛が生えているためです。
目やホホ・口といったパーツはほぼ顔の真ん中にありますが、眉は顔の真ん中からこめかみの方へまたがるように生えています。

ですが、鏡ごしに映るあなたの顔は顔の正面しか映らないため眉も顔の真ん中にあるようにさっかくをしてしまい、ほんらいなだらかに下がるはずの眉尻をまっすぐ描いてしまったりすることで眉のバランスが取れなくなってしまうことが眉メイクをむずかしくしてしまう原因です。

 

また眉毛は眉頭から眉の中間までは毛がたくさん生えていますが、眉の中間から眉尻に向かうにつれて毛の量が少なくなっていきます。

そのため、眉毛の生えている眉頭側から描いた方が書きやすいと言うこともあって、眉頭から描き始めてしまいがちですが、毛の生えているところばかりがどんどんと濃くなり、毛の少ない眉尻側はとてもうすく仕上がってしまうため、眉の全体的な色の濃さにばらつきが出てしまったり、時間が経つと眉尻だけが無くなっているという状態になってしまいます。

ではどのようにすればキレイな眉を描けるのでしょうか。

 

キレイ描くポイントについて

眉をキレイに描くポイントは、

 

■眉をキレイに描くポイント

1.眉尻側から描きはじめる。
2.眉頭よりも眉尻を濃く描く。
3.眉山から眉尻にかけては少し下がるように描く。

ことです。

 

まず1つ目についてですが、これはさきほども挙げたように眉は眉頭側に毛が多く¥眉尻に向かうにつれて毛が少なくなります。
そのため毛量の少ない眉尻側(正確には眉尻側の眉中)から眉頭に向かって描いていくと、眉尻側が濃く眉頭側がうすくなるというキレイなグラデーションを出すことができるようになります。

アイメイク

 

2つめは、もともと毛の生えている眉頭側はメイクをしなくても大丈夫なほど眉の形や濃さがハッキリとしているはずですが、眉尻はしっかり描かないと形や濃さがハッキリしません。

ですが眉頭をガイドラインとして描いた方が描きやすいのでそちらから描いてしまいがちになりますが。
こうすると眉頭側の毛にばかりアイブロウパウダーが濃くついてしまうため、どんどん眉頭側ばかりが濃くなっていき眉尻側は色がうすくなってしまいます。

そのため眉尻側から眉頭へ向かって形や太さを決めながら描いていくか眉尻側から描くことがむずかしい方は、眉尻側だけ1つ濃い色のアイブロウパウダーやアイブロウペンシルで描いて色を濃くすると、時間が経っても落ちにくくグラデーションのキレイな眉に仕上げることができます。

 

そして3つめは、眉山から眉尻は少し下げて描くこと。
このときのポイントとしては、眉頭よりも眉尻を下げ過ぎないことです。

撮影ヘアメイク

Hair &Make : Yukiko Ogawa(AimaBle)

 

眉頭から眉中にかけての部分とはちがい、眉山から眉尻にかけての部分は骨格がなだらかに下がっていきます。
そのため眉尻もおなじように下げてあげないと横から顔を見たときに線が一本伸びているような不自然さを感じさせる眉に仕上がってしまいます。

眉山から眉尻を下げて描くことで骨格が引き立ち、小顔効果が出たり眉全体に立体感が出たりと眉がキレイに描けるだけでなく、顔に立体感を出すことができるようになります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

眉毛は、眉頭側が濃く眉尻へ向かうにつれて毛がうすくなっていくことや眉山から眉尻にかけての部分は骨格が下がっていることなどは言われるとあたりまえのように感じてしまうことばかりですが、じっさいにメイクをしているときに意識しないことばかりであり雑誌やyoutubeなどの動画においても説明のないことなので気づかずにいることが多いです。

眉メイクにかぎらずほかのポイントメイクにおいても、言われると当たり前だけど言われてあらためて気づくことを意識しながらメイクをすることが大切です。

今日のメイクから少し意識や見る目を変えて眉を描いてみていただけると幸いです。



”美容サロンあなた玄関先!”

年齢を重ねるごとにキレイになることをあきらめたり、メイクの仕方が分からず自信を持てない方々が多くいらっしゃいます。

 

そんな方々ひとりひとりに寄り添い、

自分自身に自信を持つためのメイクアップテクニックをご提供しております。

基本的なステップから始め、自分の個性を活かしながら上手にメイクする方法をサポートいたします。

あわせて読みたい
メイクレッスン Online Make-up Lesson ヘアメイクアップアーティストによる丁寧なレッスン あなただけの特別なメイクを   今の流行りを取り入れながらメイクの基本を学ぶことので...

 

メイクレッスンのご質問やご相談につきましても、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

エマブール インスタグラム

アイメイクレッスン

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけるととても励みになります
  • URLをコピーしました!

このブログを書いた人

ヘアメイクアップアーティスト
【略歴】ブライダルヘアメイクで5年連続顧客満足度1位を獲得⇒エアブラシメイクの技術を取得⇒フリーランスに
「美容のプロフェッショナルがあなたの元へ」
ハイクオリティな仕上がりと細やかなおもてなしで特別な日を演出します
【趣味】
映画鑑賞・読書
大阪・堺市在住
A型

目次