雨の日の後れ毛やまとめ髪のうねりや広がりをおさえる対策法について

はじめまして。
私は大阪・堺市でヘアメイクアップアーティストとして活動をしている「AimaBleエマブール」の小川敬子おがわゆきこです。

 

「梅雨の時期や雨の日は、髪がうねったり広がったりするのですごくゆううつになる…。」

そのような方が多いのではないでしょうか。
私もくせ毛なので梅雨の時期はとくにヘアスタイルに気を使います。

梅雨も終盤に差しかかってくると気温も30℃を越える日が増えるためとてもむし暑い日が多くなります。
そのため女性はとくに髪をアップにする方が増えますが、このブログを読んでくださっているあなたもおなじではないでしょうか。

今日は湿度の高い日のアップスタイルで気をつけることや、後れ毛や髪のひろがりをおさえる方法についてご紹介したいと思います。

 

エマブール

このブログ信頼性について

このブログを書いている私は、ヘアメイクアップアーティストです。
専門学校を卒業後、9年間結婚式場でブライダルヘアメイクの経験を積みました。
ブライダルヘアメイクにおいては、セントラファエロ・アンジェルミエールにて5年連続顧客満足度第1位を獲得しています。

現在はフリーランスとしてCMなどのメディア撮影から結婚式のヘアメイクなど、さまざま現場でヘアメイクアップアーティストとして活動を続けています。

それではさっそくご紹介していきます。

 

目次

アップスタイル後れ毛毛先広がりにくくする方法について

ヘアアレンジ うねる 広がる

梅雨時期に入ると髪をアップにする方がとても多くなりますが、気になるのが髪のうねりや広がりです。
そのなかでももっとも老けて見えてしまうポイントとして挙げられるのが、後れ毛です。

後れ毛は、出し方でやわらかいふんいきを作り出したり反対に大人っぽいふんいきをつくり出したりとさまざまな印象を作りだすことができるようになります。
またあか抜けた印象やオシャレ感を出すことができるため、後れ毛は欠かせないという方も多いです。

ではどのようにすれば髪のうねりや広がりをおさえることができるのでしょうか。

 

後れ毛うねり広がりおさえる方法について

成人式 前撮り 髪型

Hair : Yukiko Ogawa(AimaBle)

 

オシャレな印象を出すためには欠かせなくなっている後れ毛。
ですが湿度が高くなるとクセが強く出てしまい、うねりがひどくなったり毛先が広がりやすくなります。

これをおさえる方法として挙げられるのが、

・バームでしっかりと後れ毛をまとめる
・ハードスプレーを使う
・後れ毛をたくさん出さない

という点です。

 

ここ数年のヘアアレンジでよく取り上げられるスタイリング剤が、ヘアオイルやバームです。

冬のスキンケア

私も仕事だけでなく自分のヘアスタイルにも欠かせないアイテムになっています。

ヘアオイルやバームは、髪にまとまりをもたらすだけでなくれたような質感を出すことができるためとても人気のあるスタイリング剤です。
とくにバームは固形になった油分のような整髪料のため、雨や湿度といった水分への耐性も高くなります。

そのヘアオイルやバームですが、私は雨の日のヘアアレンジにおいてはオイルよりもバームの方をオススメしています。
その理由としては、上記にもあるようにオイルよりもバームの方が油分が多いので髪をまとめる効果や水分をはじく力が強いためです。

ヘアオイルは油分が液状になっているのに対し、バームは油分が固形になっています。
分かりやすく食材でたとえると、サラッとしたサラダ油よりもラードの方がベタつきが落ちにくくありませんか?
それとおなじです。

 

私も経験があるのですが、ヘアオイルの場合時間が経つと油分が蒸発して髪が広がりはじめます。

これはとくに乾燥毛の方に多いのですが、髪が乾燥してパサパサの状態になっているとオイルが髪の表面から中へとどんどん浸透していきます。
そうすると表面についていたオイルが髪の中にすべて吸収されてしまい、表面がパサパサの状態に戻ってしまうため髪が広がりはじめます。

反対にバームのは油分が固形であるため、油の濃度が高いぶん髪の中に吸収されにくくなります。
そのためオイルよりも長時間髪の表面を油分でコーティングすることができるので、髪がパサついたり広がったりすることをおさえることができます。

堺・大仙公園 成人式前撮り

Hair & Make : Yukiko Ogawa(AimaBle)

 

ただとても湿度の高い日や大雨の日はバームだけではどうしても湿度に負けてしまい、髪がうねったり広がったりしてしまいます。
そのためバームを使って後れ毛をまとめた後、ハードスプレーを後れ毛にしっかりとふりかけて使うことでバームごと髪を固めることができ、より髪のうねりや広がりをおさえることができるようになります。

ちなみにハードスプレーを使うときの注意点ですが、かならず20cmほどはなした場所からスプレーをふりかけてください。
そうすることでスプレーが霧状に噴出され、髪がバリバリに固まってしまったり白くなることを防げます。
またスプレーを使うときは、服につかないようタオルを肩にかけてから使うことをオススメします。

 

あともう1つの方法としては、いさぎよく後れ毛を出さずに髪をまとめてしまうのもオススメです。
本題の趣旨から外れてしまいますが(苦笑)

23ほど前からヘアアレンジの流行りとして髪をルーズに崩したり後れ毛を出したりせず、キレイにまとめるヘアアレンジもとても流行っています。

動画撮影 プロモーションビデオ

Make : Yukiko Ogawa(AimaBle)

 

バームをつけたりハードスプレーを使うことで後れ毛や髪全体のまとまりはかなり良くはなるのですが、それでも50%を越えるような高い湿度の前には効果も落ちてしまいます。

そのため私は、むし暑い日や雨がたくさん降っている日は後れ毛を出さなかったりいつもはポニーテールにしてまとめるのですが、下めのシニヨン(おだんごスタイル)にしてしっかりとまとめ、なるべく髪全体の切れ毛が広がったり毛先のうねりが出ないようにしています。

出張ヘアメイク

 

 

まとめ

雨の日や湿度の高い日に後れ毛やポニーテールの毛先が広がったりうねらないようにするためには、油分の高いヘアバームでしっかりと髪をコーティングしてからハードスプレーで固めておくと広がりやうねりをおさえられるということについてご紹介しました。

また反対にいさぎよく後れ毛を出さずキレイに髪をまとめてしまうのも、今のヘアアレンジとして取り入れられているためオススメです。

 

髪をアップにするとオシャレさやはなやかさは引き立ちますが、湿度の高い日にルーズに崩したり後れ毛をたくさん出してしまうとどうしても湿度にはかなわないため、時間とともに髪が広がったりうねりはじめてしまいます。

大雨の日や湿度が50%を越えるような日は、キレイに髪をまとめてしまったり小雨の日や湿度が低いようであればバームとハードスプレーを使いながら後れ毛を出したヘアアレンジを楽しんだりと、その日の湿度やお天気に合わせてアレンジの仕方を変えることがオススメです。

そうすることで湿度による見た目の印象を損なうことがなくなるだけでなく、ヘアアレンジのバリエーションを増やすことができたりオシャレの幅を広げることにもつながります。

アップスタイルにすることが増える季節ですが、アップスタイルにすることが楽しい季節へと変わっていただけるとうれしいです。



”美容サロンあなた玄関先!”

ヘアメイクを通じて
たくさんの人たちに心のこもった技術を届ける
という想いを込めて仕事をしています。

ご自宅の扉を開けるだけで
美しさと最高の笑顔を体感いただけます。

エマブール インスタグラム

成人式 前撮り 髪型

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけるととても励みになります
  • URLをコピーしました!

このブログを書いた人

ヘアメイクアップアーティスト
【略歴】ブライダルヘアメイクで5年連続顧客満足度1位を獲得⇒エアブラシメイクの技術を取得⇒フリーランスに
「美容のプロフェッショナルがあなたの元へ」
ハイクオリティな仕上がりと細やかなおもてなしで特別な日を演出します
【趣味】
映画鑑賞・読書
大阪・堺市在住
A型

目次