業務用の使い捨てリップブラシを仕入れました

(*このページは2022年5月26日に更新されました。)

 

はじめまして。
私は大阪・堺市でヘアメイクアップアーティストとして活動をしている「AimaBleエマブール」の小川敬子おがわゆきこです。

 

コロナ禍に入ってから生活様式などだけでなく、わたしたちヘアメイクアップアーティストの仕事においてもいろいろと変化している部分があります。
その大きな変化の1つとして、メイクブラシを使い捨てするようになったことも挙げられます。

先日私もあたらしく業務用の使い捨てリップブラシを50仕入れました。

業務用使い捨てリップブラシ

 

コロナ禍に入る前に知り合いからたくさんテスター用のリップブラシをいただきましたが、コロナ禍に入ってからはリップブラシを使い捨てることが求められるようになったこともあっていただいたブラシも残すところあと1となりました。

そのようなこともあって今回あたらしく使い捨てのできるリップブラシを仕入れましたが、調べてみるといろいろな種類が販売されていることを知りどれにしようかととても迷いました。

 

私がこのリップブラシを選んだ理由としては、

・使いやすい長さであること。
・1本1本にキャップが付いていること。
・リップメイクのしやすいナイロン製の毛になっている。
点です。
まず1つめの長さについてですが、これもいろいろな種類があるのでとても悩みました。
私が使っていたテスター用のリップブラシは、テスター用というだけあって長さがとても短く持ちにくいものでした。
(いただいておいて文句をいう不とどき者ですみません…)

落としてしまったときのことを考えて予備として何本かリップブラシを持参していますが、柄の部分が短いとブラシがすべって落としてしまうことが多かったので今回は10cmほどの長さのものを買いました。
10cmあれば持ちやすく、外でのロケーション撮影のときにも携帯しやすいのでとても便利です。

もうすこし長さのあるリップブラシも販売されていたのでそちらと迷いましたが、今まで使っていたメイクブラシとおなじくらい長さがあると使い捨てることに対してとても後ろめたい気持ちが出てくるので10cmのリップブラシを選びました。

ごみの廃棄量が議論され、分別収集やリサイクルが取りざたされているなかまだまだ使えるメイク用のブラシやチップは1度使えば捨てられる…。
さすがに使いやすいとはいえ通常の長さのメイクブラシを使い捨てることはとても抵抗があります…。

 

この業務用リップブラシを選んだ2つめの理由は、キャップが付いていることです。

ロケーション撮影であってもスタジオ内の撮影であっても、すぐにメイクの修正ができるようリップブラシはポーチやロケーションバッグに入れてつねに携帯しておかなければなりません。

ブライダル前撮り

AimaBle Wedding

 

リップブラシを携帯するときにキャップが付いていないと、あちこちにブラシの先端が触れるのでとても不衛生なうえポーチやバッグの中も口紅が付いてとてもよごれてしまうのでここは外せないポイントでした。

 

またキャップが付いているとお客様やモデルさんたちがご覧になっても、

 

お客様
不衛生にならないようきちんとしてくださっているんだぁ。

と、安心していただけます。

 

ただ使ってみて実感したことは、キャップがすごく外れやすいということ。
キャップをしっかりとブラシの柄の部分に押しこまないとすぐに外れてしまいます…。

そのため私は、かならず予備として2携帯しています。
こうすればキャップを落としてしまったり無くしてしまっても、あたらしいものが別にあるので安心です。

また外れにくいようあらかじめセロテープでキャップとブラシをいっしょに留めています。

 

最後のポイントとなるブラシの部分についてもとても慎重に選びました。

私が購入したものは一般的なリップブラシの形をしていますが、これとはべつにリップグロスによく使われているやわらかい繊維でできたスティックタイプのリップブラシも販売されています。

繊維でできたもののほうが値段的には安いのでコストの削減にはつながりますが、ブラシの先に厚みがあるので口角にブラシの先がしっかりと入りにくいことと繊維に口紅が吸収されてしまい、すぐに色がカスカスになりなんども口紅を取り直さないといけないのではないかという心配があったためコストよりもメイクの仕上がりを重視してナイロン製のブラシを選びました。

 

自分が使い慣れているもののほうが安心して使え、ちょっとしたことですがメイク時間の短縮にもつながります。

なによりも繊維になっているブラシの方は、キャップが付いていないので携帯するときにとても不便だなと思いました。

じっさいに繊維になっているブラシを使われているヘアメイクさんと現場でごいっしょしたことがありますが、使うたびにブラシを捨てて新しい物を使われていたのでとてももったいないと思いました。

 

また注文する回数が増えることの方がコストがかかりそうなので、

 

エマブール
あまり仕事には適していないなぁ…。

と実感したことも繊維のブラシを選ばなかった大きな理由です。

 

業務用の使い捨てリップブラシを使う前までは携帯用のリップブラシを使っていました。

成人式前撮り

Hair & Make : Yukiko Ogawa (AimaBle)

 

メイクが終わったあと、キレイに口紅やグロスの油分をティッシュでぬぐい取ってから除菌ボックスで殺菌していました。

ですが口に直接触れるものなのでお客様やモデルさんたちからすると、使い捨てリップブラシの方が衛生面への安心感は大きなちがいがあります。

また結婚式にご列席される方のメイクのように1日に何人もの方をメイクする場合は、そのつど除菌ボックスに入れてリップブラシを殺菌することができないのでこのような場面にはおいては大いに役立ちます。

 

生活様式や時代の流れとともにはたらき方も大きく変化していきますが、必要性に合わせて対応しながら地球環境にも配慮した在り方ができるようヘアメイクにたずさわりたいです。



”美容サロンあなた玄関先!”

ヘアメイクを通じて
たくさんの人たちに心のこもった技術を届ける
という想いを込めて仕事をしています。

ご自宅の扉を開けるだけで
美しさと最高の笑顔を体感いただけます。

 

エマブール インスタグラム

業務用使い捨てリップブラシ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけるととても励みになります
  • URLをコピーしました!

このブログを書いた人

ヘアメイクアップアーティスト

【略歴】
ブライダルヘアメイクで5年連続顧客満足度1位を獲得⇒エアブラシメイクの技術を取得⇒フリーランスに

「美容のプロフェッショナルがあなたの元へ」をコンセプトに、
ハイクオリティな仕上がりと細やかなおもてなしで特別な日を演出します。

【趣味】
映画鑑賞・読書
大阪・堺市在住
A型

目次