冬のメイクはしっかりと保湿することでモチと美しさに差が出ます

(*このページは2023年10月14日に更新されました。)

 

はじめまして。
わたしは大阪・堺市でヘアメイクアップアーティストとして活動をしている、「エマブール」の小川敬子おがわゆきこです。

 

夏と冬の一番の大きなちがいは、気温と湿度です。
夏は気温と湿度が高いためスキンケアをパパッと済ませてもある程度うるおいを保つことができますが、冬は気温と湿度が低いうえに建物に入ると暖房が効いているので肌がとても乾燥しやすい状況にさらされます。

そのため夏と同じようにスキンケアを済ませてしまうとうるおいを保つことができにくくなり、肌のツヤ感がそこなわれたり笑ったりしたときにできた小じわにファンデーションが入り込んでしまって老けたような印象になってしまいます。
これはとても残念なことです。

今日はメイクのモチを良くし、仕上がりをうつくしくすることができる「冬のスキンケア」についてご紹介します。

 

エマブール

このブログの信頼性について

このブログを書いているわたしはヘアメイクアップアーティストです。
専門学校を卒業後、9年間結婚式場でブライダルヘアメイクの経験を積みました。
ブライダルヘアメイクにおいては、セントラファエロ・アンジェルミエールにて5年連続顧客満足度第1位を獲しています。

現在はフリーランスとしてCMなどのメディア撮影から結婚式のヘアメイクなど、さまざま現場でヘアメイクアップアーティストとして活動をつづけています。

さっそくご紹介していきます。

 

目次

メイクをうつくしく長持ちさせる冬のスキンケアについて

化粧水・乳液・美容液は温めてから使う

冷蔵庫に入れているわけでもないのに冬になると化粧水や乳液がとても冷たく感じると思います。
お風呂上がりは体や顔があたたまっているのでそこまで冷たく感じないかもしれませんが、朝のスキンケアはとても冷たく感じることがあるのではないでしょうか。

化粧水や美容液・乳液には、水や美容成分といっしょに油も配合されています。
バターを想像していただくと分かりやすいかと思いますが、バターは冷蔵庫から出してすぐの状態だととても伸びにくいです。
ですが熱を加えることで溶けてとても伸びが良くなります。

それとおなじようことが、化粧水や乳液にもあてはまります。
そのままコットンや手に取っていきなり肌に付けるよりも、少し手のひらで温めてから使う方が伸びが良く肌の奥まで美容成分を浸透させやすくすることができます。

 

冬のスキンケア

とりわけ美容液には動物性の質の良い油が配合されているものが多いため、手のひらでしっかりと温めて使うことでより美容成分を肌の奥の奥まで浸透させることができるようになります。

これは余談ですが、もしあなたが高齢者の方といっしょにお住まいでスキンケアをしてあげることがある場合は、季節に関係なく化粧水や乳液をつける前に1度手のひらで少し温めてから使ってあげてください。

高齢者の方はとても寒さに敏感なため、夏でもいきなり化粧水を肌につけるととても冷たく感じておどろかれることが多いです。
そのため少し温めてから使ってあげることでとてもリラックスして心地よくスキンケアを受けていただけるようになります。

 

目頭のきわや目尻なども忘れずに保湿する

スキンケアをするときは手間をかけている時間がなかったり面倒に感じてしまいパパッと済ませてしまいがちですが、メイクを1日長持ちさせベースメイクをうつくしく仕上げるためにはこまかい部分までていねいに保湿をすることがとても大切です。
その中でも保湿をするときに忘れてしまいがちになるのが、目頭のキワや目尻のくぼみがある部分、小鼻の横や口角といったごく小さい部分です。

冬のスキンケア

これらの忘れがちになる部分は老化の症状が出やすい部分でもあります。
目頭のキワや目尻のくぼみは、横にこまかいちりめんジワや笑いジワができやすい場所です。
またほうれい線は小鼻の横から出始め、ここを起点にどんどん深く入っていくようになります。
そして口角は筋肉のたるみとともに下がりやすい部分です。

おでこやほほ・あご先などの面積の広い部分を集中的に保湿しがちですが、見落としがちな部分にこそ老けて見える兆候が出やすいです。
これらの部分も指先を使ってピンポイントでていねいに保湿をすることでシワができにくくなり、老化をおさえる効果を高めることができるようになります。

 

保湿力がもの足りないときは、しっとりするまで乳液やクリームをしっかりとなじませる

スキンケアをしたあと肌全体をさわってうるおっている感じがあまりないようであれば、さらに乳液やクリームをなじませてしっかりと保湿をしてあげることが大切です。
このときのうるおいの目安としては、肌をさわったときに肌の表面に手がしっかりと吸いつくような感じであれば大丈夫です。
ですが、すこしサラッとしているような状態で吸いつくような感じがなければうるおいが足りていません。

アメリカ版『VOGUE(ヴォーグ)』の表紙モデルや化粧品メーカーUNMIX(アンミックス)をプロデュースしているヘアメイクアップアーティストの吉川康雄さんも、SNSの投稿をつうじて同じことをおっしゃっています。

吉川康雄さんは現在ニューヨークを拠点にメイクアップアーティストとして活動をされていますが、今の時期のニューヨークは日本よりもずっと湿度も気温も低い状態になっています。
わたしも10年前の11月にニューヨークに滞在していたのですが、空気の乾燥がひどくて湿疹が出たり肌のシワっぽさをとても感じながら過ごしていました。

ニューヨークのように湿度の高い地域では、しっかりと保湿をしてもすぐに肌が乾燥しやすい状態に戻ってしまいます。
肌から水分が蒸発することを防ぐためには、乳液やクリームをしっかりとつけて膜を張ってあげることが大切です。
しっかりとスキンケアをしたあとの肌のうるおいがもの足りないときは、さらに上からすこしだけ乳液やクリームをつけ足してあげてください。

ただしこれは住んでいる地域によってもちがいがあります。
たとえば北海道と沖縄とでは気温も湿度もちがいます。
また雨の日と晴れの人でも湿度にちがいが出てきます。
住んでいる地域や天気によっても保湿後の肌の状態はちがってくるので、湿度が低い地域にお住まいであったり晴れの日で湿度が低くなっている状態のときは、乳液やクリームだけでなく化粧水もたっぷりと使って肌の水分量を増やしてあげてください。

 

スキンケアの最後は両手で肌全体をしっかりと包み込む

化粧水で保湿をして乳液でうるおいを閉じ込めたら、最後に両手で肌全体を包み込んでそのまま3秒ほど時間を置いてください。

冬のスキンケア

このようにすることで以下のような効果を得ることができます。

・手のひらのあたたかさで肌の奥まで美容成分をしっかりと浸透させることができる。
・肌の表面がしっかりとうるおっているかどうかを確かめることができる。

上述したように美容成分には良質の油分が含まれているため、温めることで油分が溶けだししっかりとより肌の奥まで浸透しやすい状態になります。
また肌の表面に吸いつくような潤いがあるかどうかを確かめることもできるため、一石二鳥の効果を得ることができます。

 

まとめ

ここ数年ベースメイク用のお化粧品も大きく進歩していて肌の保湿を保つモイスチャライザーや下地にオイルが入っているものなど、潤いを長持ちさせる効果のあるものがどんどん出てきています。
ですがメイクのモチを良くし全体的な仕上がりをうつくしくするためには、スキンケアによる肌の保湿は欠かせません。

スキンケアは肌の老化を防ぐためにも大切ですが、メイクをうつくしく仕上げるためにも大切です。
しっかりと保湿をしたあとのベースメイクの仕上がりのうつくしさは格別です。
また時間とともに出てきやすい小じわの出方にも大きな差が出てきます。

簡単なことでメイクのモチや仕上がりのうつくしさが確実に変わりますので、ぜひ今日からスキンケアの方法を変えてみてくださいね。



”美容サロンがあなたの玄関先へ!”

結婚式・成人式やプロフィール撮影のヘアメイク
オンラインヘアメイクレッスンのご依頼は下記よりお願いいたします。
ご質問もお気軽にお問い合わせください。

 

エマブール インスタグラム

冬のスキンケア

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけるととても励みになります
  • URLをコピーしました!

このブログを書いた人

ヘアメイクアップアーティスト
【略歴】ブライダルヘアメイクで5年連続顧客満足度1位を獲得⇒エアブラシメイクの技術を取得⇒フリーランスに
「美容のプロフェッショナルがあなたの元へ」
ハイクオリティな仕上がりと細やかなおもてなしで特別な日を演出します
【趣味】
映画鑑賞・読書
大阪・堺市在住
A型

目次