女性をブサイクにメイクするイベント『ブサイクチェンジ』に参加したときのお話

はじめまして。
私は大阪・堺市でヘアメイクアップアーティストとして活動をしている「AimaBleエマブール」の小川敬子おがわゆきこです。

自分の過去のヘアメイク作品を見返していたのですが、10年前に参加したとてもなつかしく興味深いヘアメイクイベントの写真が出てきました。

今日はそのかなり変わったイベントのことをお話したいと思います。

目次

女性ブサイクメイクするイベント『ブサイクチェンジ』

私にとってとてもなつかしく興味深いイベントであったのが、ブサイクチェンジです。

ヘアセットやメイクをする目的や意味は、

ヘアセットやメイクをする目的や意味とは?
  • 身だしなみ
  • マナー
  • 見た目をきれいにする
  • 個性を出す
  • 自分に自信が持てるようにする

などさまざまですが、一番には見た目を良い状態に作ることです。

ですが私が参加したこのイベントは、人をブサイクに作るという内容でした。

このイベントに参加したころは、まだ事務所に所属をしていてブライダルヘアメイクを担当していました。

ブライダルヘアメイクといえばビューティーの極みのようなメイクです。

そのようなメイクをしていた私は、このようなイベントがあることを知ってただただおどろきと興味しかありませんでした。

このイベントを知ったのは、私の学生時代からの親友が『ブサイクチェンジ』の開催があることをネットニュースで見つけSNSをつうじて教えてくれたからです。

内容はとてもシンプルで、「キレイになるメイクをするのではなく、おもいっきりブサイクになるメイクをして楽しみませんか?」というもの。

これを読んだときに、

エマブール

ブサイクになりたい人っているの!?
ほんとうにお客さんが来るのかなぁ??

と、この記事を読んだ女性のイベントへの反応がとても気になりました。

またビューティーのメイクをしているということもあり、特殊メイクとはちがうビューティーメイクの技術を応用してメイクで人をブサイクに仕上げていくと言うことやその方法などについてとても大きな興味がわきました。

記事を読んでいくとメイクアップアーティストを募集していたので、

エマブール

すごく参加したいっ!!

と気持ちが大きくはねあがったのですが、それもつかの間参加できないかもしれないと気落ちしてしまいました。

なぜかというとこのイベントの日程は2012年5月26・27日の2日間の開催でしたが、5月26日は私が担当するブライダルヘアメイクが決まっていたため絶対に休むことができなかったからです。

でも、

エマブール

このイベントに参加したらメイクの考え方や見方を大きく変えることができるかもしれない…。

といろいろ考えていると、イベントへの興味がどんどんとふくらんでいき参加したい思いが強くなっていきました。

そこでダメもとで27日だけの参加ができないかとイベントの主催者様に申し込みの連絡をしてみることに。

そのことをイベントを教えてくれた親友にもつたえると、ぐうぜんにも親友の友人がこの企画の主催者さんといっしょにお仕事をされていて直接話を通していただけることになり参加できるようになりました!

このイベントに参加したのが2012年5月27日なのですが、いまから10年以上前の話になるなんて。
そんなにも月日が経っていることにとてもおどろきます。

ブサイクチェンジイベント当日について

そして2012年5月27日ブサイクチェンジのイベント当日。

イベントが開催された場所は、大阪の観光スポットとして有名な通天閣をのぞむことができるスパワールドのエントランスでした。

そこに舞台が用意されていたのですが、

エマブール

えっ!
たくさんの人が見ているまえでメイクするの…?

ととてもおどろきました。

また私は、人前に立つことが苦手なのでとても緊張したことをいまも覚えています。

いろいろなことを考えながら主催者さんを待っていると主催者さんたちがほどなくして到着し、説明を聞きながらさっそくヘアセットやメイクのための準備がはじまりました。

準備をしながら、

エマブール

ブサイクに変身したいと思ってここに来る人っているのかなぁ…。

という一番の大きな疑問がありましたが、ヘアメイク道具の準備が終わってほどなくするとモデルになってくださる方が来てくださいました!

大阪的というかなんというか(苦笑)
もうびっくりです!

そしてさっそく私がメイクをすることになったのですが、人をブサイクに仕上げていくのって思った以上にむずかしいです(汗)

いつもはプロポーションなどを考えながらメイクをしていきますが、このイベントでは反対にブサイクに作っていかなければなりません。

エマブール

「ブサイク」って、なに…?

と定義がまったく分からなくなってしまい、メイクの間中手がふるえそうでした。

このイベントでは最初にブサイクにメイクをしたあと、そのまま終わるのではなくナチュラルメイクに戻してあげます。

そのままでは帰れないですよね(笑)

そのこともあってブライダルヘアメイクのクセでお色直しのようにヘアセットやメイクのチェンジを考えたメイクになってしまうこともあったりして、どうしてもおもいっきりブサイクに変身をさせられなかったりも…。

そんなことを考えながら1人目の方のメイクが完成しました。

ヘアセットは、主催者さんが美容師さんだったのでセットをしてくださっています。

いつもはその人に合った美しいメイクをする仕事をしていまが、今回は「その人に合ったブサイクになるメイクをする」ことが大前提。

でもこれが笑いごとではなくほんとうにむずかしかったです。

そのむずかしさに内心あせりながら今度はナチュラルメイクにお直しをしていると、美大生の女の子2人がモデルになりたいときてくれました。

つぎは2名同時にヘアメイクをしなければなりませんでしたが、美容師さんのご友達の方がお1人メイクをしてくださいました。

私が担当させていただいた方は左側の女の子です。
満面の笑顔でおもいっきりはじけてくれています(笑)

撮影もよろこんで協力してくださいました(笑)

ふたりともテンションが上がりすぎて、

お客様

このまま学校まで帰りたいなぁ(笑)

と大笑いしていました(笑)

ブサイク メイク

メイクは、眉を三角眉に。
でもやっぱり普段してるメイクのくせが抜けません。

意外なむずかしさに少しだけ落ち込みました(苦笑)

すると、つづけてとてもかわいらしい女の子がモデルを希望してくれました。

そうなんです、つぎからつぎへと予約が入ってとてもいそがしかったんです。
これもほんとうに意外でした!

つづいてのブサイクメイクは、眉毛の先を2つにわけて描いてみたりと試行錯誤しながらメイクをしました。

そして撮影が終わったあとは、ナチュラルメイクにお直しをして完成です。

たくさんの方が来てくださったのですが、この日最後のモデルさんのメイクへ。

ブサイクメイクをしていた最初のほうはとてもむずかしくて手がふるえそうになりましたが、途中からとても楽しくなっていました。

ブサイク メイク

ご本人、鏡を見て大爆笑でした(笑)

ヘアーが大変なことになっています(笑)

メイクは、眉を消してヤンキー風に仕上げてみました。

そして最後は、ナチュラルメイクにお直しです。

お客様が、

お客様

すごーい!ぜんぜん別人!!

と、とてもおどろかれていました。

このイベントが開催された前日は、大きな反響を呼んで各テレビ局や新聞も取材に来ていて一面に大きく取り上げられそうです。

主催者さんが、

クライアント様|
昨日来てくれてたらテレビにぜったい映ってたで(笑)

とおしゃっていましたが、私は人前に出ることが苦手なので27日に参加していて良かったです(笑)

はじめての『ブサイクメイク』は最初はとてもむずかしく手がふるえそうでしたが、骨格の見方が変わったりどこをどうすれば人の顔の印象が大きく変わっていくのかなどが分かってとても勉強になりました。

また「ブサイクにする」メイクといっても人が毛嫌いするような仕上がりになるのではなく、どこかポップさやキュートさを感じられる仕上がりになることも知ることができ、とても大きな良い経験になりました。

イベント自体もとても楽しくのびのびとメイクができたのも、主催者さんたちがやさしく親切に接してくださったおかげだととても感謝しています。

このイベントの経験は、フリーランスとなった今もとても活きています。

なつかしく振り返りながら、この日の気持ちや学べたことをかえりみることができました。

このイベントはなくなってしまっているようですが、また開催されればいいなと思います。
もちろんそのときはまた参加したいです。



”美容サロンがあなたの玄関先へ”

ヘアメイクを通じて
たくさんの人たちに心のこもった技術を届ける
という想いを込めて仕事をしています。

ご自宅の扉を開けるだけで
美しさと最高の笑顔を体感いただけます。

エマブール インスタグラム

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけるととても励みになります
  • URLをコピーしました!

このブログを書いた人

ヘアメイクアップアーティスト

【略歴】
ブライダルヘアメイクで5年連続顧客満足度1位を獲得⇒エアブラシメイクの技術を取得⇒フリーランスに

「美容のプロフェッショナルがあなたの元へ」をコンセプトに、
ハイクオリティな仕上がりと細やかなおもてなしで特別な日を演出します。

【趣味】
映画鑑賞・読書
大阪・堺市在住
A型

目次