【大阪】生前遺影写真撮影のヘアメイクを担当させていただきました

はじめまして。
私は大阪・堺市でヘアメイクアップアーティストとして活動をしている「AimaBleエマブール」の小川敬子おがわゆきこです。

 

昨日のブログで少しご紹介しましたが、昨年10月に遺影写真を中心に撮影をされているカメラマンさんよりヘアメイクのご依頼をいただいて生前遺影写真の撮影にごいっしょさせていただきました。

今日はお客様よりお写真のご掲載許可をいただけましたので、カメラマンさんからいただいたお写真とともに撮影の打ち合わせや撮影当日のヘアメイクについてご紹介します。

 

 

エマブール

このブログ信頼性について

このブログを書いている私は、ヘアメイクアップアーティストです。
専門学校を卒業後9年間結婚式場でブライダルヘアメイクの経験を積みました。
ブライダルヘアメイクにおいては、セントラファエロ・アンジェルミエールにて5年連続顧客満足度第1位を獲得しています。

現在はフリーランスとしてCMなどのメディア撮影から結婚式のヘアメイクなど、さまざま現場でヘアメイクアップアーティストとして活動を続けています。

それではさっそくご紹介します。

 

 

目次

 生前遺影写真撮影ヘアメイク担当させていただきました

遺影写真

 

2021年10月。
夏の暑さも少しやわらいだころ、遺影写真の撮影にごいっしょさせていただきました。

今回生前遺影写真の撮影をご依頼くださったお客様は、遺影写真の撮影をするにはまだ年齢のお若い方でした。

生前遺影写真の撮影をされるにいたった経緯についてお話をしてくださったのですが、2020年からはじまったコロナ禍をきっかけにご家族と過ごす時間や今のご自身を写真にして残したいという気持ちがめばえ生前遺影写真の撮影を考えるようになられたとのことでした。

 

日本はアメリカやヨーロッパにくらべると感染者や亡くなられた方の人数は少ないですが、アメリカでは昨年勢いの止まらない新型コロナウィルスの感染拡大をきっかけに家族写真を撮る方が急激に増えたと聞きます。

パンデミックだけでなく、近年気候変動や自然災害と命の危険にさらされることやその被害が大きくなってきています。
生前遺影写真としての撮影だけではなく、生きている証として写真を残したいと思われている方が日本にも多いかもしれません。

 

生前遺影写真撮影打ち合わせについて

生前遺影写真用のヘアメイクのご依頼をいただいたのは、昨年の2月ころでした。

当初は3月ころの少し暖かくなった時期に撮影を行う予定でしたが、新型コロナウィルスの感染拡大による緊急事態宣言が3月まで伸びたため気候の良い秋に撮影を行うことになりました。

 

生前遺影撮影の打ち合わせは、はじめに撮影場所や撮影イメージをカメラマンさんがメールでやり取りを行われました。
そのときに髪型やメイクのイメージとなる写真などがあれば私へ送っていただきます。

今回は、撮影場所のご希望がご自宅となりました。
また撮影イメージは、かっこいいイメージで撮影をされたいこととご家族のみなさまともごいっしょに撮影をされたいとのことでした。

 

私は生前遺影写真の撮影にかぎらず結婚式や成人式・雑誌や広告などの撮影においても、ヘアメイクをさせていただく方の写真を事前に送っていただけるようお願いしています。

その理由は、ヘアセットやメイクをするうえでイメージを考えお客様にさまざまなご提案やご相談をさせていただくためです。

お客様が思い描いているイメージと私が思い描いているイメージがちがうものになってしまうと写真の仕上がりイメージが大きく変わってきます。
おたがいの考えているイメージを近づけていくことで理想どおりの全身像に仕上げることができるようになります。

 

当日撮影について

撮影当日になり、お客様のご自宅へおうかがいしました。

プロによる写真撮影は白い壁にかこまれた写真スタジオをイメージしますが、カメラマンさんの生前遺影撮影は、ご自宅や思い出の場所などご希望の場所へ出張させていただいています。

 

ただヘアメイクは電源がないとできないため、外でのロケーション撮影となった場合は私はご自宅へおうかがいさせていただいてヘアメイクを行ってから撮影場所へ移動するようにお願いしています。

今回はヘアメイクも撮影場所もご自宅であったため、私がヘアセットやメイクをしている間にカメラマンさんが照明などの撮影機材を組み立ててすぐに撮影ができるようにとご準備されていました。

 

撮影ヘアメイクについて

遺影写真


撮影のヘアセットやメイクは、ふだんのメイクよりも少し濃く作りこみます。

なぜならば照明があたると、アイシャドウや口紅などの色がうすく写ったり顔の立体感や目鼻立ちの印象がぼやけたように見えやすくなるからです。

 

今回の撮影イメージは、とてもかっこいい仕上がりにしたいというご希望をいただいていたため骨格がしっかりと分かるようにベースメイクを仕上げています。

そしてお客様の大きな目を引き立たせるよう、しっかりとアイラインを引いて目の輪郭りんかくを強調させたメイクをほどこしています。

髪型は、ボブのスタイルをいかしてまっすぐのストレートボブに仕上げました。
毛先を内に巻くとやわらかさが出てしまうため、毛先までまっすぐ伸ばしてシャープさを出すことでりんとしたかっこよさを表現しています。

 

私はヘアメイクをするときに、

・あなたが持つ個性や美しさ
・上品さ

を引き立たせるようヘアメイクをします。

 

これは、各ヘアメイクアップアーティストによって「なにを大切にしているのか」の基準がちがうためアーティストによってちがいがあります。

また表現力や感性・趣味趣向が合わさってくる部分でもあるため、おなじ人にヘアメイクをしてもらっても仕上がりがまったく変わります。

この部分も写真から感じとっていただけると幸いです。

 

ご家族みなさまとの家族写真撮影

撮影は、お客様の遺影写真撮影だけでなくご家族のみなさまとの家族写真の撮影も行われました。

遺影写真

 

生前遺影写真の撮影のときとはまったくちがう満面の笑顔のお写真に、わたしたちもとてもうれしい気持ちになりました。

お客様のおとなりでご主人様とご子息様が少し気恥ずかしそうにされている表情が対比になったとてもステキなお写真です。

 

お正月やお盆に家族が集まっても、年齢を重ねるにつれて家族で写真を撮ることが減っていきます。
寄りそって撮影をされているお姿を間近で拝見しながら、家族が集まれる機会に写真を撮ることの大切さをあらためて実感します。

 

そしてお客様とご主人様との撮影へ。

遺影写真

 

とても仲むつまじいステキなご夫婦様です。

撮影をしながら息子さんを出産されたときのことや今までのお話をおうかがいしましたが、家族で手をとりあっていっしょの時間を大切に過ごされていることに心がとても温かくなりました。

 

私は成人式や結婚式といった幸せな時間をお祝いする場のヘアメイクにつくことも多いですが、フリーランスになってからは、結婚された後の人生を仕事をつうじて間近で拝見させていただく機会も増えました。

家族写真や遺影写真の撮影も、成人式や結婚式とおなじようにとてもとうとく輝いた幸せな時間を象徴していると強く思います。

 

まとめ

生前遺影写真と聞くとある一定の年齢になってから撮る写真というイメージをもちますが、今を生きている証として撮影をするということも今の時代の流れにおいて必要とされていることをあらためて実感します。

 

愛にあふれたステキなご家族のみなさまの撮影にごいっしょさせていただくことができ、とても光栄に思うばかりです。
ご家族のみなさまがこれからも、元気に楽しい毎日をお過ごしいただけるよう心よりお祈りしております。

このたびもご依頼をいただき誠にありがとうございました。

遺影写真

Photo : Miki Uehata (EAE photography)
Hair & Make : Yukiko Ogawa (AimaBle)



”美容サロンあなた玄関先!”

年齢を重ねるごとにオシャレや美しさを楽しむことが恥ずかしいと感じる方が多くいらっしゃいます。

エマブールは『エイジング・グレースフル=上品なエイジング』をテーマに、
シニア世代にふさわしいエレガントで上品なメイクやヘアスタイルをご提供しております。

 

年齢を誇りに思える美しさを、自信を持って楽しんでいただけるよう心がけています。

あわせて読みたい
グレースフル・ヘアメイク 時を彩る、自然な美しさを 年齢を重ねるごとにオシャレや美しさを楽しむことが恥ずかしいと感じる方が多くいらっしゃいます。エマブールは『エイジング・グレースフル=...

 

生前遺影写真用ヘアメイクのご質問やご相談につきましても、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

遺影写真

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけるととても励みになります
  • URLをコピーしました!

このブログを書いた人

ヘアメイクアップアーティスト

【略歴】
ブライダルヘアメイクで5年連続顧客満足度1位を獲得⇒エアブラシメイクの技術を取得⇒フリーランスに

「美容のプロフェッショナルがあなたの元へ」をコンセプトに、
ハイクオリティな仕上がりと細やかなおもてなしで特別な日を演出します。

【趣味】
映画鑑賞・読書
大阪・堺市在住
A型

目次