フェイスパウダーも進化の時代へ うるおいを与えるモイストフィニッシュパウダー

はじめまして。
私は大阪・堺市でヘアメイクアップアーティストとして活動をしている「AimaBleエマブール」の小川敬子おがわゆきこです。

 

梅雨入りすると、気温は高くなくても湿度がどんどんと高くなりむし暑く感じる日が増えてきますよね。
湿度の上昇とともに気になるのが、「化粧くずれ」ではないでしょうか。

その化粧くずれを防いでくれる優秀なお化粧品として過去にフェイスパウダーについてご紹介しました。

あわせて読みたい
「ルースパウダー」と「プレストパウダー」のちがいについてご説明します はじめまして。 私は大阪・堺市でヘアメイクアップアーティストとして活動をしている「AimaBleです。   フェイスパウダーについて、このようなご質問をいただきま...

今日はそのフェイスパウダーがさらなら進化を遂げているので、そのことについてくわしくご紹介していきたいと思います。

 

エマブール

このブログ信頼性について

このブログを書いている私は、ヘアメイクアップアーティストです。
専門学校を卒業後、9年間結婚式場でブライダルヘアメイクの経験を積みました。
ブライダルヘアメイクにおいては、セントラファエロ・アンジェルミエールにて5年連続顧客満足度第1位を獲得しています。

現在はフリーランスとしてCMなどのメディア撮影から結婚式のヘアメイクなど、さまざま現場でヘアメイクアップアーティストとして活動を続けています。

それではさっそくご紹介します。

 

 

目次

フェイスパウダー進化について

フェイスパウダーの種類

 

私は長年「チャコット」という舞台メイクを中心にお化粧品の製造販売をされているメーカーさんのフェイスパウダーを愛用しています。
その理由としては、化粧くずれをしっかりと防いでくれるからです。

上にも挙げましたが、舞台メイクといえばしっかりと濃いメイクをするという印象があります。
それには理由があって遠くに座っているお客様にも、演者さんのお顔や表情がしっかりと伝わるようにするためです。

 

メイクが濃くなるとお化粧品にふくまれる油分も増えます。
それが汗や皮脂と混ざることによってメイクがとても崩れやすくなります。
そのメイク崩れを防ぐために使うのが、フェイスパウダーです。

フェイスパウダーには、上の写真のように粉状のものと固形のものがあります。

それぞれの説明については以前ブログでご紹介しているので割愛しますが、フェイスパウダーの中でも粉状になっているタイプのものは水と油分が入っていないため汗や皮脂などを吸収し、長時間メイクがくずれないようベースメイクを守ってくれます。

 

 

 

私はメイク講師もしていますが、おもには撮影や結婚式場でヘアセットやメイクをおこなうことが多いです。

撮影や結婚式の場は、緊張したり強いライトに当たることが多くなるため汗をかくことがとても多くなります。
また外でのロケーション撮影や結婚式にいたっては、メイクをして過ごす時間がとても長く夏の外での撮影はとくにベースメイクがくずれやすい過酷な状況となります。

そのような中で長時間メイクがくずれないようにベースメイクを作りこむことはとても大切です。
そこで活躍してくれるのが、先ほどからご紹介しているフェイスパウダーになります。

 

そのフェイスパウダーも当然のことながら使っていくと減っていきますが、ストックしているものも無くなってしまったので先日美容商材を取りあつかっているお店に仕入れに行きました。

売り場へ行くと見慣れているフェイスパウダーが置いていると思ったのですが、なんと!パッケージがリニューアルされているだけでなくさまざまな効果を肌にもたらすものまであたらしく販売されていました。

チャコット フェイスパウダー

 

ヘアメイクアップアーティストになってからずっとチャコットのフェイスパウダーを使いつづけていますが、あたらしい種類が出たのは初めてのことなのでそれぞれの質感をテスターで見くらべることにしました。

 

今回チャコットからあたらしく販売されているフェイスパウダーには3の種類があります。

・マット
・グロウ
・モイスト

 

マットとはツヤがないという意味になりますが、文字通り付けるとまったくツヤのない仕上がりになります。
そのため私は、振袖や白無垢といった和装メイクのときによく使います。

 

よく使っているといいますか、もともとチャコットのフェイスパウダーからは色の種類は肌に合わせていろいろ出ていますが、肌にあたえる質感についてはこのマットしか販売されていなかったんです(笑)

今回そこへあらたに加わったのが、「グロウ」と「モイスト」です。

グロウとはツヤという意味があるのですが、グロウのフェイスパウダーにはツヤが出るようこまかい粒子のラメが混ざっています。
さわってみるとサラサラとした質感なので、マットのフェイスパウダーにラメを加えて作られているのだと思います。

肌につけてみるとほどよいラメ感が出るので、アラフィフ世代以上の方のベースメイクの最後に使うと自然なツヤ感を出すことができそうです。
またラメが入っていることによって光を反射する効果を得ることができるため、毛穴やくすみといった肌のなやみも飛ばしてくれる効果が得られます。

 

そしてモイスト。

これはしっとり感という意味になりますが、私はこのフェイスパウダーが一番気になりました。
でもフェイスパウダーでモイストって…。

肌にしっとりした質感をあたえるためには粉以外の水か油が入っているはずなのですが、これらの配合が多くなるとプレストパウダーとおなじようにフェイスパウダーよりもメイク崩れしやすくなるため撮影では使えません。

そのようなことからどのくらいメイクがくずれにくいのか、またメイクを崩さずどのようにして肌にしっとりしたうるおいをあたえることができるのかという点がとても気になりました。

 

モイストのフェイスパウダーの見た目についてですが、マットと大差はありません。

チャコット フェイスパウダー

さらさらとした感じが写真からも伝わると思います。

 

モイストを手に取ってみるとこのような質感になります。

チャコット フェイスパウダー

マットは肌に付けると小麦粉をのせたように粉っぽく肌の表面に付着しますが、モイストの方はモイストというだけあって粉っぽさはありません。
だからといってベタベタする感じもありません。

マットほどのさらっさらの質感にはもちろんなりませんが、ほどよくサラッとした感じを残したまま少ししっとりとした質感を肌にあたえてくれます。

 

とはいえ肝心なのはベースメイクで使ってからの効果です。
その効果を試すためにも、今回はモイストのフェイスパウダーを買いました。

 

モイストフェイスパウダーベースメイク使った使用感について

チャコット フェイスパウダー

 

つぎの日さっそくその効果を見るため自分のメイクで試してみました。

私はフェイスパウダーを部分使いしていますが、顔の右半分はモイストを、左半分にはマットのフェイスパウダーを使ってどちらの方がメイクがくずれにくいのか、またモイストはどのくらいの時間肌を保湿してくれるのかを検証しました。

 

じっさいにベースメイクの上から使ってみると、サラサラとした質感はマットの方が強いです。
反対にモイストの方は何度重ねづけをしてもサラサラとした質感になることはなく、肌にしっとりとした感触を感じることができます。

そのまま夜メイクを落とすまで過ごしましたが、モイストの方もメイクがくずれることはありませんでした。
私としては遅くても夕方ころにはメイクがくずれてムラになっているところが出てくると思っていたので、これはとてもおどろき(驚)

ただメイクを落とす前にもう1度フェイスパウダーをつけた部分を触ってみましたが、ベトベトとした質感はモイストの方が強いです。

そのためこれからむかえる真夏の暑さの中では、夕方までベースメイクをキレイに保つことはむずかしいのではないかと思っています。
これについてはまた実験してみたいと思います。

 

またマットのパウダーと大きくちがう点として、肌にツヤを出すハイライトを使ってもメイクがよれない点がとても良かったです。

マットのフェイスパウダーは油分を吸収してしまうので、その上からハイライトをのせるとその部分だけメイクがよれてとても汚くなってしまいます。
ですがモイストの場合もともと少ししっとりとした質感に仕上がるため、上からハイライトをのせてもベースメイクがよれて汚くなることはありませんでした。

場合によってはフェイスパウダーを顔全体に付けることもありますが、そのようなときにマットのフェイスパウダーだと仕上がりが汚くなってしまうのでハイライトはパウダーしか使うことがでませんが、モイストであれば油分の多いハイライトも使うことができるのでいろいろなメイクで使うことができそうです。

 

まとめ

今回あたらしく販売されたチャコットのフェイスパウダー。
今までのマットタイプだけでなく、あらたにツヤをあたえるグロウとしっとりした肌に仕上げるモイストが販売されています。

 

私は今までマットタイプのパウダーを愛用していましたが、今回モイストタイプを使ってみて、

・フェイスパウダーを使っているのにベースメイクがしっとりとした仕上がりになる。
・肌がしっとりするのにメイクがくずれにくい。
・フェイスパウダーの上から使ってもメイクがよれて汚くならない。

ということを実感することができました。

 

長年ヘアメイクをしていますが、時代の流れとともにメイクが変わるのに合わせて化粧品も進化していきます。
その中でフェイスパウダーは大きな変化を見ることがありませんでした。

ですが今回フェイスパウダーも時代に合わせて進化していることを知ることができ、良い知識を手に入れることができました。

 

メイクの仕上がりを大きく左右するのは技術はもちろんですが、使う化粧品もとても大切です。
マットとモイスト2の質感がちがうフェイスパウダーを仕入れたことで、メイクの仕上がりや表現の幅を広げることができるようになってとてもうれしいです。

これからの季節はとくにフェイスパウダーが活躍してくれるので、使い分けをしてより美しいメイクアップをご提供していきたいです。

 



”美容サロンあなた玄関先!”

年齢を重ねるごとにキレイになることをあきらめたり、メイクの仕方が分からず自信を持てない方々が多くいらっしゃいます。

 

そんな方々ひとりひとりに寄り添い、

自分自身に自信を持つためのメイクアップテクニックをご提供しております。

基本的なステップから始め、自分の個性を活かしながら上手にメイクする方法をサポートいたします。

あわせて読みたい
メイクレッスン Online Make-up Lesson ヘアメイクアップアーティストによる丁寧なレッスン あなただけの特別なメイクを   今の流行りを取り入れながらメイクの基本を学ぶことので...

 

メイクレッスンのご質問やご相談につきましても、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

エマブール インスタグラム

チャコット フェイスパウダー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけるととても励みになります
  • URLをコピーしました!

このブログを書いた人

ヘアメイクアップアーティスト
【略歴】ブライダルヘアメイクで5年連続顧客満足度1位を獲得⇒エアブラシメイクの技術を取得⇒フリーランスに
「美容のプロフェッショナルがあなたの元へ」
ハイクオリティな仕上がりと細やかなおもてなしで特別な日を演出します
【趣味】
映画鑑賞・読書
大阪・堺市在住
A型

目次